睡眠時無呼吸症候群が原因で不眠症?

睡眠時無呼吸症候群と不眠症の因果関係

睡眠時無呼吸症候群という、いびきが酷くなる病気があります。

 

睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気で、無呼吸が10秒以上停止したり、低呼吸で10秒以上換気量が半分以下に落ちたりするのが、判断基準なのですが、これは自分のいびきで起きてしまうことがあります。

 

私もきちんと図ったわけではないのですが、睡眠障害時に自分のいびきで起きることが何回かあり、睡眠の様子をビデオに撮っていたことがあったのですが、睡眠時無呼吸症候群なのではないかという感じがしました。

 

同居者がいない場合、病状が出ている間は眠っているため、病気の発見が非常に遅れることもあるそうで、特に自覚症状が弱い場合は誰にも発見されないため、その状態が徐々に悪化して、運転事故につながることもあるそうです。

 

そのため、自分で発見できたのは運が良かったと言えるでしょう。

 

肥満が原因であることが多いらしく、私は肥満体型でしたので、ダイエットをしたら、なんとか治療することができました。

 

そうした関係もあり、睡眠障害に対して、様々な角度で検証して、様々な角度での治療を試みることが必要でしょう。

 

自分のいびきや歯ぎしりで起きてしまう人は睡眠時無呼吸症候群である可能性もあります。

 

睡眠時無呼吸症候群が原因で不眠症?関連ページ

薬やサプリメントを併用し睡眠障害を克服した実体験
睡眠障害や不眠症を克服してからの感想、体験など
睡眠障害〜後から気づく自分の状況
睡眠障害や不眠症を克服してからのことについて
不眠症を治すには継続力が大事!
睡眠障害や不眠症を克服について、体験談など
〜心を安定させて睡眠も安定させる〜
睡眠障害や不眠症を克服するために必要なこと
生活に支障がないと睡眠障害ではない
睡眠障害や不眠症について詳しく説明