生活に支障がないと睡眠障害ではない

睡眠時間の個人差について

睡眠障害の治療を行うには、自分のペースを作ることが大切です。

 

睡眠障害の程度は人それぞれであり、治療の仕方も様々に違います。

 

不眠が2週間以上続くと睡眠障害になると言われていますが、その2週間の時点で睡眠障害の治療を始めたか、何年も睡眠障害の時点で治療を始めたかでも違いますし、薬やサプリメントが効く体質かどうかによっても違います。

 

そうした中で、自分の睡眠障害に対する治療ペースを作り、それに基づいて睡眠障害の治療に向かいましょう。

 

睡眠時間には個人差があり、一般的に言われているように、「8時間」が一番いい時間だと、決められているわけではありません。

 

つまり3時間で済む超人のような人もいれば、10時間眠らなくては気が済まない超睡眠型の人もいます。

 

ただ、10数時間以上眠らなくてはいけないようでは、日常生活に影響が出るため、過眠症となります。

 

睡眠障害は極論でいうと、生活に支障がなければ睡眠障害ではありません。

 

まずは、正常な睡眠を妨げる要素を取り除き、十分な眠りを確保できるようにしましょう。

 

不眠の原因が取り除かれたにもかかわらず、症状が改善されず、慢性化してしてしまった場合は、治療を開始して、サプリメントなどを使用してみましょう。

 

生活に支障がないと睡眠障害ではない関連ページ

薬やサプリメントを併用し睡眠障害を克服した実体験
睡眠障害や不眠症を克服してからの感想、体験など
睡眠障害〜後から気づく自分の状況
睡眠障害や不眠症を克服してからのことについて
不眠症を治すには継続力が大事!
睡眠障害や不眠症を克服について、体験談など
〜心を安定させて睡眠も安定させる〜
睡眠障害や不眠症を克服するために必要なこと
睡眠時無呼吸症候群が原因で不眠症?
睡眠障害や不眠症、睡眠時無呼吸症候群について