〜心を安定させて睡眠も安定させる〜

睡眠の安定は、人が生活する上で大切なことです。

 

毎日食べて、働いて、寝る。

 

それができれば幸福な生活が行えるとは限りませんが、幸福な生活を行う上で必要なものです。

 

しかし、睡眠には、安定はできる人とできない人がいるのも事実です。

 

安定できない人は、安定できない日もあることを認めて、安定できない日も「眠らなくてはいけない」と思わないことです。

 

「眠らなくてはいけない」と強く思うことで、逆に眠れなくなります。

 

私も布団に入ると、「眠らなくてはいけない」、「眠らなくては近所迷惑かもしれない」、「眠らなくては明日に影響してもっと辛くなる」、という想像がずっと膨らんできました。

 

認知療法の一つである森田療法にもありますが、あるがままを受け入れ、神経質になりすぎないことが大切であります。

 

神経質になることは、現状を回復するためにも必要なことでもありますが、神経質になりすぎると妄想になります。

 

その範囲は明確な基準があるわけでもなく、その状況によって違いますので、客観的に見て、精神に負担がない範囲での考えを超えてしまったならば、一旦、状況を受け入れて、同じ考えを巡らせるのではなく、自分の状況について冷えた頭で考えてみましょう。

 

〜心を安定させて睡眠も安定させる〜関連ページ

薬やサプリメントを併用し睡眠障害を克服した実体験
睡眠障害や不眠症を克服してからの感想、体験など
睡眠障害〜後から気づく自分の状況
睡眠障害や不眠症を克服してからのことについて
不眠症を治すには継続力が大事!
睡眠障害や不眠症を克服について、体験談など
生活に支障がないと睡眠障害ではない
睡眠障害や不眠症について詳しく説明
睡眠時無呼吸症候群が原因で不眠症?
睡眠障害や不眠症、睡眠時無呼吸症候群について