自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症

少しずつ薬を減らして不眠症を克服する

メラトニンの使用を実践して仕事をしていく内に、徐々にメラトニンの量を減らしていくことができました。

 

睡眠薬もそうですが、睡眠を自力で行うには訓練が必要です。

 

子供が乗る自転車と同じで、一気に補助輪を止めることはできませんし、ずっと補助輪をつけたまま走っていくわけにもいきません。

 

ただ、大人になると補助輪をつけて走れる機会というのもまた、貴重な時間となります。

 

そうした意味では、私は非常に恵まれていたのかもしれません。

 

調整をしていく内に、自分の自己製造できるメラトニンも、正常な流れにコントロールできてきたような気もします。

 

直ぐに減らせたわけではなく、一か月単位での長い目で見る必要がありましたが、徐々に、睡眠障害を克服できたという実感を持つことが出来ました。

 

睡眠の悩みがなくなったことで仕事もプライベートも充実していき、いつしか生活全般が活力ある生き生きとしたものになっていきました。

 

これも全てサプリメントのおかげであり、やはり本当にいいサプリメントは栄養補助というだけに収まらない素早しいものなのだと感じました。

 

毎月、医者にかからなくてもいいのも負担にならず、じわりじわりと続けていくことが出来ました。

 

自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症関連ページ

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、体験談など
不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの飲み方について
メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの眠気について
睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?
睡眠障害や不眠症に効くとされる睡眠薬、メラトニンについて
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、抗不安薬について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、注意点を説明します
※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの使い方について