※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!

メラトニンの効果的な使い方について

 

私がやっていたメラトニンの一番よかった使用方法を紹介します。

 

まず、メラトニンを飲み始めるのは最長で寝る5時間前です。

 

緊張をしていて、今日は眠れなさそうだと思ったら、5時間前に飲んで、足りなそうだったら追加していきます。

 

量について私は、5mgが普通でした。

 

5mgで眠れなかったら10mg、上限は20mgまでと言った感じです。

 

短期型と長期型のメラトニン錠を一緒に飲むのも手です。

 

そうすることによって、直ぐに眠ることができる上に、眠っている間の眠りの質も向上させることができます。

 

メラトニンもずっと飲み続けていると、眠りにたいする耐性がついてくる気がするので、資金的にも節約と言う意味で、飲まなくても眠れる日は飲みません。

 

私はお酒を飲んで眠れるというのができにくい体質なのですが、お酒で眠れそうな日があったら、なるべく、お酒→メラトニン→お酒→メラトニンという感じで、交互に使い分け、お互いに耐性をつかせないようにします。

 

そうすることで、長く使いこなすことができます。

 

これは私なりの方法なので、個人に体質よってはもっといい方法があるかもしれません。

 

サプリメントの使い方は人それぞれですので、自分に合った方法で使い分けてください。

 

※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!関連ページ

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、体験談など
不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの飲み方について
メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの眠気について
睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?
睡眠障害や不眠症に効くとされる睡眠薬、メラトニンについて
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、抗不安薬について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、注意点を説明します
自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニン。減らして不眠症を克服する体験談