睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点

メラトニンを飲むときの注意点など

メラトニンで絶対にしてはいけないことと言うのは、朝に起きて直ぐにメラトニンを摂取することです。

 

通常のメラトニンは朝に日光の光を浴びることによって、製造されます。

 

その原理をサプリメントにも応用して朝に飲んでしまうと、サプリメントはあくまでも飲んで眠くするために作られているものであって、朝に製造を始める体内の自己メラトニンと違って、睡眠を直ぐ感じられるほどの量が予め体内に入れるようになっています。

 

つまり、朝にサプリメントでメラトニンを摂取すると、朝から眠りにはいる状態となってしまい、睡眠時間のバランスがぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

朝から眠りに入る時間となり、夜には覚醒して行動する時間ということに体内時計が反応してしまいますので、睡眠障害を悪化させる原因となります。

 

そのため、絶対にメラトニンを朝に飲んではいけません。

 

メラトニンは睡眠時間のバランスを整えるという意味でも、寝る前の数時間前に、時間を決めて飲んだ方がいいでしょう。

 

そしてメラトニンは飲みあわせが悪い薬もあるので、注意が必要です。

 

私はお腹が痛く、整腸剤と一緒に飲んだところ、いつものように眠りにつけず、夜中ずっとムカムカしていました。

 

なるべくメラトニンだけで飲んだ方がいいでしょう。

 

睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点関連ページ

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、体験談など
不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの飲み方について
メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの眠気について
睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?
睡眠障害や不眠症に効くとされる睡眠薬、メラトニンについて
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、抗不安薬について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの使い方について
自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニン。減らして不眠症を克服する体験談