メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある

抗不安薬ではない!メラトニンの勘違い

メラトニンの注意としましては、まず「不安を解消する効果はない」ということです。

 

つまり、何かが不安で不安で仕方がなくて眠れないという方には効果が薄いということになります。

 

私は不安時でも、いつもよりも早めに飲んだり、量を多くしたりすることで調整することが出来ましたが、睡眠障害の程度によっては効果がない人もいるかもしれません。

 

眠気に包まれることによって不安はある程度は減少されますが、それで不安が消し去れる程度の不安でない人にとっては、病院で抗不安薬と一緒に睡眠薬を飲んだ方がいいかもしれません。

 

そして「睡眠薬で眠ることに慣れていると、効果が出ないことがある」と言うことも言えます。

 

睡眠薬で眠るというのは普通に眠るのとはベクトルが違います。

 

睡眠ホルモンとは関係なく、脳の神経であったり、化学物質によって麻酔のように眠らせていたりするわけですから、睡眠ホルモンで眠るのとはわけが違います。

 

そのため、睡眠薬を飲んでいて、突然メラトニンに切り替えると、眠気はあるのに眠れないという状況になる人もいます。

 

それに元々メラトニンは睡眠薬よりも強い作用は有りません。

 

併用して徐々に睡眠薬を減らしていく、という方法を取った方がいいでしょう。

 

メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある関連ページ

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、体験談など
不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの飲み方について
メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの眠気について
睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?
睡眠障害や不眠症に効くとされる睡眠薬、メラトニンについて
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、注意点を説明します
※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの使い方について
自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニン。減らして不眠症を克服する体験談