睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?

メラトニンは抗酸化作用がある!※睡眠薬の副作用とは※

睡眠薬の多くはがんを誘発する成分が含まれていると考えられています。

 

睡眠薬に限らず、抗生物質の殆どにはがんを誘発させるような毒性があるとされていますが、実はメラトニンには抗酸化作用というむしろがんを抑制する作用を持つ働きがあります。

 

抗酸化作用というのは簡単に言えば老化防止です。

 

体が老化していくのを抑える働きがあり、若々しい体を保つために使っている人もいるくらいです。

 

メラトニンは元々体内で製造され続けているものです。

 

食品からは摂取できないのでサプリメントで摂取する必要がありますが、元々体の中にあったものを摂取してがんを誘発するとか、病気を作り上げるとか、そうした働きは滅多にないはずです。

 

そのため、睡眠薬を飲んでいると体には悪いだろうと思いながら飲むことが多いですが、メラトニンはむしろ体にいいものだと思って飲んでも大丈夫です。

 

自然な眠気と言う効果もそうですが、全体的にクリーンなイメージがあるサプリメントです。

 

メラトニンの長期的な使用についてはデータがなく、メラトニンを飲み続ければ長寿なるということは言えませんが、少なくとも短期的な摂取については副作用のデータも出ていませんし、安心したサプリメントと言えるでしょう。

 

睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?関連ページ

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、体験談など
不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの飲み方について
メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの眠気について
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、抗不安薬について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、注意点を説明します
※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの使い方について
自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニン。減らして不眠症を克服する体験談