メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』

メラトニンでしか手に入らないものとは?

 

 

メラトニンでしか手に入らないものは眠気です。

 

睡眠薬が合わないという人も薬品的でない子供の頃に暖かな日差しの下で昼寝をした時のような、自然な眠気が徐々にやってきます。

 

緊張状態がずっと続いている人にとっては、この眠気は非常に貴重なものです。

 

睡眠薬だと、ぼうっとして、すっと眠りに入るという簡易的な全身麻酔を打ったような感覚で眠ることが多いです。

 

しかし、メラトニンは元々が体内に存在している睡眠ホルモンであるため、不快感なく受け入れられるタイプの眠気となっています。

 

そして継続感もそうです。

 

睡眠薬で何時間も続くものというのは、それだけ強力であり、副作用も強いのですが、メラトニンには副作用が殆どなく、長期間の睡眠効果持続を期待できます。

 

この副作用が少ないというのも特徴としてあり、睡眠薬はリターンに見合ったデメリットを被ることが多いのですが、メラトニンはリターンの方が遥かに大きいです。

 

そしてメラトニンの特徴は、「眠りにつかせる」のではなく、「眠る時間を早める」という効果にあります。

 

元々、アメリカでは時差ボケに使われている薬で、元々体内にあるメラトニンも眠る時間の調整をするものです。

 

そうすることで、睡眠を自然にコントロールできるようになります。

 

メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』関連ページ

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、体験談など
不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの飲み方について
睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?
睡眠障害や不眠症に効くとされる睡眠薬、メラトニンについて
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、抗不安薬について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、注意点を説明します
※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの使い方について
自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニン。減らして不眠症を克服する体験談