不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ

メラトニンが効く!睡眠障害で薬を輸入!!

メラトニンにはカプセルに入った長期型タイプと、舌下で溶かすような直ぐ体に取り込むタイプがあります。

 

これはアメリカのサプリメント会社によって違います。

 

中には飴状のものもあったりしますが、正直あまり効きませんでした。

 

効くことは効きますが、他のメラトニンの2分の1くらいの効き目しかありません。

 

運転などをしなくてはいけない関係でメラトニンを飲んで直ぐに寝なくてはいけないという人は短期型を使うといいでしょう。

 

ただ、それ以外ならばカプセルタイプの長期型タイプがおすすめです。

 

特にNow Food社のメラトニンはかなり長期で効きます。

 

できれば眠る5時間前に飲んでおくことをおすすめします。

 

そのくらい前に飲んでおけば、徐々に眠くっていき、睡眠薬と違ってその眠気はずっと継続して深まっていきます。

 

5時間も前に飲んでいられるか、という人はmgを多くするといいでしょう。

 

メラトニンは3mg、5mg、10mg、とメラトニンの量の重さがあり、通常は3mgから始めます。

 

メラトニンは年齢と共に製造機能が落ちていくと言われており、一般的にメラトニンを製造する量が多い子供が飲む場合には、1mgから始めることがありますが、ご老体ですと短期間で20mgまで増やす人もいます。

 

不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ関連ページ

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、体験談など
メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの眠気について
睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?
睡眠障害や不眠症に効くとされる睡眠薬、メラトニンについて
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、抗不安薬について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、注意点を説明します
※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの使い方について
自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニン。減らして不眠症を克服する体験談