実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール

自分に合ったサプリを探そう『不眠症解決の薬』

数あるサプリメントの中でぶっちぎりに効いたのが、「メラトニン」です。

 

このメラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、眠気の根本的要素です。

 

この睡眠ホルモンであるメラトニンが沢山ある状態だと、眠れるようになるわけですが、これは食物からとれるものではありません。

 

人間が自分の体で製造するものであって、本来は口にできるものではないのです。

 

しかも、製造には日光の光が必要で、室内ワークが多い現代人には、昔よりも多く製造できているとは言えません。

 

つまり、メラトニンを直接サプリメントとして口に含めば、自然な眠気と共に、眠りにつくことができるのです。

 

私が試した結果では、このメラトニンが一番、睡眠障害に役立ちました。

 

不安を取り除いたり、リラックスしたりするサプリメントや栄養は数多くあるのですが、眠気を直接引き起こすタイプのものは、日本では薬事法により殆どが薬品扱いされ、殆どサプリメントとして売られません。

 

現在主流派となっている市販の睡眠薬である「ドリエル」も風邪薬を飲んだ時の眠気を応用したものです。

 

そのため、メラトニンは海外から取り寄せるしかなく、日本では個人輸入業者などを介して手に入れるのが一般的な方法となっています。

 

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール関連ページ

不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの飲み方について
メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの眠気について
睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?
睡眠障害や不眠症に効くとされる睡眠薬、メラトニンについて
不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの睡眠の質について
メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、抗不安薬について
メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの副作用について
睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンについて、注意点を説明します
※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニンの使い方について
自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症
睡眠障害や不眠症に効くとされるメラトニン。減らして不眠症を克服する体験談