【睡眠障害、不眠症】メラトニンについて

睡眠障害、不眠症に効くメラトニンのまとめ

【睡眠障害、不眠症】メラトニンについて記事一覧

実感した!メラトニンで睡眠障害をコントロール

数あるサプリメントの中でぶっちぎりに効いたのが、「メラトニン」です。このメラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、眠気の根本的要素です。この睡眠ホルモンであるメラトニンが沢山ある状態だと、眠れるようになるわけですが、これは食物からとれるものではありません。人間が自分の体で製造するものであって、本来は口にでき...

≫続きを読む

不眠症に効く⇒メラトニンの飲み方やタイプ

メラトニンにはカプセルに入った長期型タイプと、舌下で溶かすような直ぐ体に取り込むタイプがあります。これはアメリカのサプリメント会社によって違います。中には飴状のものもあったりしますが、正直あまり効きませんでした。効くことは効きますが、他のメラトニンの2分の1くらいの効き目しかありません。運転などをし...

≫続きを読む

メラトニンで手に入れる⇒眠気『不眠症』

メラトニンでしか手に入らないものは眠気です。睡眠薬が合わないという人も薬品的でない子供の頃に暖かな日差しの下で昼寝をした時のような、自然な眠気が徐々にやってきます。緊張状態がずっと続いている人にとっては、この眠気は非常に貴重なものです。睡眠薬だと、ぼうっとして、すっと眠りに入るという簡易的な全身麻酔...

≫続きを読む

睡眠薬は副作用がある!メラトニンは?

睡眠薬の多くはがんを誘発する成分が含まれていると考えられています。睡眠薬に限らず、抗生物質の殆どにはがんを誘発させるような毒性があるとされていますが、実はメラトニンには抗酸化作用というむしろがんを抑制する作用を持つ働きがあります。抗酸化作用というのは簡単に言えば老化防止です。体が老化していくのを抑え...

≫続きを読む

不眠症⇒メラトニンで眠りの質を高めよう

メラトニンを飲んでみるとわかるのですが、メラトニンは眠りにつかせるだけでなく、眠りを深める効果もあります。睡眠薬だと「とりあえず睡眠はした」感じで起きることが多いのですが、メラトニンを飲んで眠ると「ぐっすり」という表現ができるくらい深い眠りにつくことができ、寝起きにその睡眠の深さを実感できます。お酒...

≫続きを読む

メラトニンと抗不安薬を勘違い!不眠症あるある

メラトニンの注意としましては、まず「不安を解消する効果はない」ということです。つまり、何かが不安で不安で仕方がなくて眠れないという方には効果が薄いということになります。私は不安時でも、いつもよりも早めに飲んだり、量を多くしたりすることで調整することが出来ましたが、睡眠障害の程度によっては効果がない人...

≫続きを読む

メラトニンで悪夢を見る!不眠症あるある

メラトニンの副作用は、独特です。大量に飲むと、人によって吐き気やめまいがすることもあるそうですが、睡眠薬のように大量に飲んだからと言って死亡したというケースはありません。10mgまでなら、大体の人がそうした副作用を感じずに眠れるでしょう。一番の問題点は「悪夢」です。人によって「現実感のある違和感がす...

≫続きを読む

睡眠障害の方へ⇒メラトニンの注意点

メラトニンで絶対にしてはいけないことと言うのは、朝に起きて直ぐにメラトニンを摂取することです。通常のメラトニンは朝に日光の光を浴びることによって、製造されます。その原理をサプリメントにも応用して朝に飲んでしまうと、サプリメントはあくまでも飲んで眠くするために作られているものであって、朝に製造を始める...

≫続きを読む

※不眠症※効果的な使い方でメラトニンを飲もう!

私がやっていたメラトニンの一番よかった使用方法を紹介します。まず、メラトニンを飲み始めるのは最長で寝る5時間前です。緊張をしていて、今日は眠れなさそうだと思ったら、5時間前に飲んで、足りなそうだったら追加していきます。量について私は、5mgが普通でした。5mgで眠れなかったら10mg、上限は20mg...

≫続きを読む

自分でコントロール⇒薬を減らしながら戦う不眠症

メラトニンの使用を実践して仕事をしていく内に、徐々にメラトニンの量を減らしていくことができました。睡眠薬もそうですが、睡眠を自力で行うには訓練が必要です。子供が乗る自転車と同じで、一気に補助輪を止めることはできませんし、ずっと補助輪をつけたまま走っていくわけにもいきません。ただ、大人になると補助輪を...

≫続きを読む