睡眠薬と抗不安薬の併用⇒睡眠障害は治るのか

睡眠薬と抗不安薬の併用で不眠症は治らない!!

※薬の併用でどんどん悪化してしまう不眠症※

 

 

私が最初に使用していたのは短期型と呼ばれる短期間にのみ作用して一気に眠らせる「ハルシオン」や「マイスリー」と言った類のものでした。

 

それと抗不安薬である「デパス」などを併用していました。

 

それが徐々に中期間型の「サイレース」「レンドルミン」などに変わって、長期間型までは手を出しませんでしたが、抗不安薬の方は「ジプレキサ」というかなり強い不安作用を消す薬を使用していました。

 

個々としては寝起きに気分が悪くなるくらいの副作用しか感じませんでしたが、「ジプレキサ」を飲んだ時は、異常な食欲が出てきて、それは特徴的でした。

 

そうした精神薬にも種類によって抗生物質のグラム単位で強さがあり、弱ければ大したではありません。

 

しかし、私は眠れないからとどんどん薬を強くしていったのです。

 

そしてある時、仕事中に足がふらついて気がついた時には仰向けに倒れてしまいました。

 

厨房だったので、包丁を持っていなかったのだけは幸いでしたが、手に持っていた食材を地面にばらまけてしまいました。

 

それでどれだけ店の損失が出たかと思うと今でも少し罪悪感が沸き出てきます。

 

その時は、頭がぼうっとして、兎に角、気を失う直前まで仕事をもっときちんとやらなくては、と考えていました。

 

睡眠薬と抗不安薬の併用⇒睡眠障害は治るのか関連ページ

不眠症は治ったと勘違い※睡眠薬の恐怖
病院からもらった薬で不眠症は治ったと勘違いしてしまったことについて
睡眠薬で不眠症が悪化?デメリットとは
睡眠障害、不眠症の睡眠薬、抗不安薬についてデメリットとは何か
睡眠障害が原因で仕事を辞める
睡眠薬、抗不安薬で仕事を辞めることについて
睡眠薬、抗不安薬に頼らない!
睡眠障害、不眠症の睡眠薬、抗不安薬やめたことについて